インタビュー

インタビュー

INTLOOP社員インタビュームービー

インタビュー動画

鈴木 晃平 営業職 新卒入社2年目 

-INTLOOPに入社を決めた理由ー

就職活動期は人の課題を解決できるような仕事をしたいという気持ちから、コンサルティング業界を中心に企業選びをしていました。その際にINTLOOPと出会い、優秀なフリーランスコンサルタントの方を扱う人材事業があることを知りました。僕はもともとコンサルタント志望でしたが、INTLOOPのビジネスモデルに惹かれ、まずは営業として、コンサルタントの方々と近い距離で働き、コンサルタントについて学ぶところからやってみたいと思ったんです。
もう1つ、大きな理由があります。INTLOOPの役員方は、前職で大手企業のトップにいた方が多いです。そんな経歴を持っている役員方との距離がとても近く、仕事内容はもちろん、経営視点等も学べる企業ってなかなかないと思い入社を決めました。

-INTLOOPに入ったら何が身につくかー

まずITの知識です。現在私が担当させていただいているクライアント先には、最先端のテクノロジーを用いた開発を行うハイレベルな企業様が多く、そのようなクライアント先に対して、どのような人材を求められているのか等、ヒアリングをさせていただき、即戦力の人材をご提案させていただているため、自然とITの知識が身につきます。
次に自走力ですね。INTLOOPはベンチャー企業でありながら、幅広い事業を展開しているコンサルティングファームです。そのため1人に任される仕事は幅広く、自分から手をあげれば、新卒でもさまざまな仕事に挑戦できるチャンスがあります。今自分が何をすべきか、考えて行動すればするほど、自走力が身につくと思います。

車地 美香 コーディネーター職 中途入社2年目

-入社を決めたポイントー

私はもともと、ウエディングプランナーとして約7年働いてきました。その後人事労務の仕事にキャリアチェンジをしましたが、”もう一度営業として戦いたい”という想いが強くなり、転職活動を始めました。その活動中に出会ったのがINTLOOPでした。
IT業界は社会のニーズも高い成長産業です。そして働き方改革が進む中、”フリーランス”という働き方の需要は今後ますます高まってくると思います。そんな中、INTLOOPではIT業界におけるフリーランスの人材マッチング事業に携われることを知り、ワクワク感と魅力を感じたのです。自分自身にとって、コンサルティング業界は未知の世界。新たなチャレンジのなか、営業としてのやりがいも感じられると思い入社を決意しました。

-どんな人と働きたいかー

”自分なりにモチベーションを持って戦っていける人”と一緒に働きたいです。
INTLOOPはコンサルティングファームですが、事業領域を限定しておらず、事業が多岐にわたります。自分でキャリアを創り、会社を一緒に創っていきたいという想いがある方にはぴったりだと思います。

秦 結希菜 エンジニア職 中途入社2年目

-INTLOOPに決めた理由は?-(エンジニアを目指した理由含む)

大学卒業後、新卒として入社した会社はシステム会社で、システムエンジニアとして約6年間働き技術を磨いてきました。実は大学時代に心理学を専攻していたのですが、心理学を直接生かせる求人はかなり少なくて。それなら手に職を付けようと思い、今後長期に渡り、伸びてくるであろうIT業界の技術職であるシステムエンジニアを目指しました。
前職の業務内容としては開発が主でしたが、もっとさまざまな業種の方と関りながら、要件定義等、幅広い経験を積みたいと思い、転職活動を始めました。その中でINTLOOPの将来のキャリアの幅が広く、システムエンジニアとしての開発業務だけではなく、ITコンサルとしても活躍ができるところ、新しいことにチャレンジできる環境があるところに惹かれ、入社を決めました。

西村 和真 コンサルタント職 中途入社2年目

-INTLOOPに入社を決めた理由はー

他社のコンサルティングファームと比較した際に、INTLOOPはインダストリーカットをしていないからこそ、多くの業界の案件にチャレンジできる環境があり、また、少数精鋭の企業だからこそ、1人の裁量権が大きいため、自分自身の早い成長に繋がると感じました。
また、コンサルタントの業務だけではなく、会社を一緒に創っていけるところに魅力を感じました。クライアント先のジョブだけではなく、採用に関しても携わることができ、社内の新規事業にも参画できる、自分次第で幅広い視点を持って働ける所に惹かれ、入社を決めました。