DIAGNOSIS

TYPE I : Stubborn(正論・頑固)

一言でいえば「正義感と責任感の塊」。間違ったことが許せない一本筋の通ったあなたは、正しい倫理観で物事をまっすぐに進める推進力になるでしょう。一方で頑固な性格の人が多く、周りからは融通が利かないと思われているかも?自分では意識していないのですが『上から目線』な印象を与えることがあるようです。仕事を円滑に進めていくためには、まず相手を認めることから。コンサルタントとしての一歩は、そこから始まります。

もう一度診断する

PAGE TOP