INTERVIEW

PROJECT × MEMBER

お客様のためになることは、
柔軟に、徹底的に、やりきる。
そのスタイルを吸収したい。

2016年入社
コンサルティング本部 
マネジャー
酒井 征義

01

あらゆるクライアントに喜ばれる存在に。
その想いが、転職のきっかけ。

キャリアの始まりは、システム開発のプログラマです。大規模開発案件に携わっていましたが、そのうち、「もっと上流へ」「プロジェクトの目的を意識して仕事がしたい」という思いが強くなりました。そこでSEを経て、大手外資系コンサルティングファームに転職。ITコンサルタント、さらに業務コンサルタントへとキャリアチェンジを重ねてきました。その中でコンサルタントとして感じたのは、自分にとって、お客様に喜ばれることが一番のモチベーションになるな、ということ。「あなたに担当してもらえてよかった」「またぜひお願いしたい」。そんなお客様の声が、キャリアパスの指針にもなっていきました。

もっとたくさんの方に喜んでほしい。ソリューション、業界の壁を越えて、あらゆるお客様の課題を解決できる存在になりたい――。前職は大きい組織だと当然ですが、ソリューションや業界別に分業化されていて、自分が手掛けられる領域は、所属部門の範囲内という部分が少なからずあります。これは大手ならではの悩みでしたが、一方で中小のファームをリサーチすると、ソリューションや顧客業界が一分野に特化しているケースが多い。理想的な環境を模索する中で出会ったのが、INTLOOPでした。少数精鋭の規模ながら、手掛けている案件の幅は圧倒的に広く、さらに自社内で事業開発も手掛けている。その自由度や柔軟性の高さは、「求めていた環境はこれだ!」と思えるものでした。

02

ビジネスの“現場”に踏み込んでいく
上司の手法に刺激を受ける日々。

実はまだ入社から数カ月なのですが、入社後すぐ、エンジニアを千数百名抱えるSI企業に上司と2名で参画しました。お客様の要望は、「共通PMO開設」。様々なプロジェクトのマネジメントプロセスを共通化し、プロジェクトの安定化を促進すると共に見える化することにより、組織全体の改善にも繋げていく。というミッションです。ファーストステップとして、特定のプロジェクトへPMOとして参画し、プロジェクトの推進をサポートすると共にクライアント独自の特色や課題を探っています。

マネジメントプロセスを構築する経験は前職時代にもありましたが、クライアントの現場に入り込むやり方は経験がありません。ただ、開発現場に入ってみると、同じ目線に立って初めて見えるものがいくつもありました。時間はかかりますが、「お客様のためになることは、徹底的にやろう」というスタイルは、まさに私がやりたかったことです。上司と行動をともにしていると「そこまで踏み込むのか」「こんな考え方もあるんだ」と勉強になる発見が毎日のようにあります。今はとにかくあらゆることを吸収して、一人でプロジェクトを任せていただける存在になるのが、直近の目標です。

03

社内で「経営視点」を学べる。
それも当社の魅力。

INTLOOPに転職して、もう一つ大きく変わったことがあります。それは社長をはじめとするマネジメント層との距離感です。単に組織が小規模というだけでなく、何というか「気軽に話しかけて」という雰囲気が皆さんからあふれています。ですから、入社から日が浅い私でも、自分がどんなことに挑戦したいのか、所属外の方々に相談できますし、企業としての方向性もすぐに確認することができます。事業開発も積極的ですから、様々なビジネスの成り立ちを知る機会も日常的です。それに何より、経営層の「視点」や「発想」を肌感覚で学べる環境は、コンサルタントにとって非常に価値があるなと。

ここで経験を積み、自分にない情報やノウハウをキャッチアップしていけば、コンサルタントとしてお客様に提供できるバリューは格段に上がるはず。その想いは、入社する前以上に強くなっています。新しい領域を開拓することも当社なら可能でしょうし、新しいビジネスを興すチャンスだっていくらでもある。チャレンジ精神をとことん活かしたい方には、他にはない環境だと思います。

MEMBER’S DAILY SCHEDULE

他のメンバーを見る

PAGE TOP