INTERVIEW

PROJECT × MEMBER

クライアントの提案にも、
必要ならば「NO」と言える。
それが理想のコンサルタントだと思う。

2016年入社
コンサルティング本部 
シニアコンサルタント
井出 大樹

01

INTLOOPと出会って180度変わった
コンサルタントのイメージ。

INTLOOPと初めて出会った頃、実はクライアントサイドの人間でした。当時の私は、大手政府系企業の一員として、広告関連の業務改革・システム開発プロジェクトに取り組んでおり、そこにコンサルタントとして参画していたのがINTLOOPの皆さんだったのです。

それまで、私の中で“コンサルタント”というと、強みとしているシステム領域を明確に持っていて、その導入支援が主目的という印象があったんですね。ただ、INTLOOPは全く違いました。むしろ、どんな時も顧客の目線に立ち、物事を一緒に考えてバリューを出すんだという気概があふれていて。ある時には、私が導入を検討していたシステムを、「井出さん、それは考え直した方が得策です」と止められたこともあります。

たとえクライアントからの提案であっても、安易に通さず、最終的にプラスにならないと考えれば「NO」とはっきり意思表示する。そのスタンスは衝撃的でした。それに、そこに至るまでの関係構築の手法、クライアントの本質的な課題に一歩踏み込む姿勢、課題解決のための豊富なソリューション……。ともに業務に取り組むほど、INTLOOPから学びたい事は増えていきました。そしてプロジェクトが終了する頃には、私からパートナーの方にお願いしていたのです。「弟子にしてください」と。

02

周囲の親身なフォローを受け、
初プロジェクトに挑戦。

前職時代によく目にしていたのが、当社のパートナーが、若手メンバーを丁寧に指導している姿。自分もあんな風にレビューを受けて成長したいと、常々思っていました。しかし、世の中希望がすべて通るわけではありません。転職して最初に任されたプロジェクトは、INTLOOPの社員コンサルタントは私ひとりのみ……。正直、面喰う部分はありましたが、上司が専属のメンターとなってサポートしてくれる「よろず相談役」という制度があったり、取締役やパートナーも毎週定例で進捗報告や今後の方向性を話し合うMTGを設けてくれたり。制度だけでなく、とにかく皆さん親身な方ばかりで安心感がありましたね。

参画したプロジェクトは、大手電機メーカーのメンテナンス事業に関する業務改革。全国の各支社のネットワーク網を念頭に置いてPMOや社員教育、業務設計を検討するプロセスは、前職で取り組んだプロジェクトと似た部分も多く、培ってきた視点や発想は活かせるなと感じました。そこで自分なりのバリューを出せるはずと取り組んできた結果、お客様にも高い評価をいただき、当初はごく短期の契約だったものが気づけば1年以上の長期参画に。今では他社のコンサルタントも含めたチームのマネジメントも任せていただいていますし、やりがいは大きいですね。

03

「お客様目線」を忘れずに、
ここで多彩なチャレンジを。

INTLOOPならば、一企業・一領域に縛られず、幅広い経験が積める。この多彩なチャレンジが出来る環境も、私が転職を決意した理由の一つです。現在取り組んでいるプロジェクトも、まったく初めての業界で、当初は自分にない知識や企業カラーのキャッチアップに苦労しました。けれど、その壁を短期間で乗り越えるノウハウはもちろん、コンサルタントに大切な心構えやマインドも、定例のMTGなどで学び続け、成果を挙げることが出来ましたからね。今後は金融業界のプロジェクトですとか、経営戦略など異なる領域にも積極的にトライしてみたいです。

それに実は、私の転職のきっかけにになったパートナーからも「今のプロジェクトが成功したら、次は私の現場に来ないか」と声をかけてもらっているので、ようやく弟子入りも叶うかもしれません(笑)。どんな現場だとしても、経験を重ねるほどコンサルタントとしての可能性は確実に広がると確信しています。「お客様と同じ目線に立ち、お客様にとって最善のソリューションを提案・提供する」、というINTLOOPのスタンスを貫き、ゆくゆくはお客様の潜在的な課題の発見や、自らプロジェクトを企画・提案できる存在になりたいですね。

MEMBER’S DAILY SCHEDULE

他のメンバーを見る

PAGE TOP