News

イントループとGSXが 『先端IT人材』 の輩出で業務提携

コンサルティング事業、企業のDX支援などをおこなうINTLOOP株式会社(よみ:イントループ 本社:東京都港区 代表取締役:林 博文、以下当社)は、サイバーセキュリティ教育カンパニーであるグローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:青柳史郎、以下GSX)との先端IT人材の輩出・流通にかかる業務提携を発表します。

■本業務提携の背景と目的
昨年より続くコロナ禍は、テレワークなどの新しい働き方の急速な広がりやビジネス機会のオンライン化などの環境変化を加速、企業のDX※1推進は拡大の一途をたどっています。一方、日本企業の多くは業務内容に合わせてシステムをカスタマイズしてきた結果、既存システムが複雑化・ブラックボックス化しており、その状況はDX推進を阻む一因となっています。経済産業省が2018年に発表した『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開』※2では、デジタル技術の活用が適切に行えなかった場合、2025年以降最大12兆円の経済損失を生むと試算しています。

DXの進展によって企業がビジネスに活用するデータ量は増え、多様な働き方に対応するためのシステムや環境を構築すると同時に、それら資産のサイバーセキュリティ対策はより一層必要となります。グローバリゼーションの観点では、SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための礎にも定義されており、益々必要な歯車となります。そこでイントループとGSXは、需要高まるAIとセキュリティに精通した先端IT人材を育成・輩出にかかる以下のサービスを提供し、日本をセキュリティ先進国に底上げする取り組みに着手します。

1.両社に寄せられるご相談に対する先端IT人材支援
既に両社では、お客様へのSES(システムエンジニアリングサービス)による人材支援の実績がありますが今後、AIとセキュリティに精通した先端IT人材の育成に関するお客様からのご相談についても、イントループとGSXの擁するAI・サイバーセキュリティの知識を持つ人材が、両社でご支援します。最適な人材が最適なフェーズで、お客様の課題解決に参画します。

2.GSXと当社それぞれが展開するセキュリティ・AI教育カリキュラムによる専門人材の育成
GSXとイントループは、先端IT人材の輩出・流通を通じてDX推進を阻む課題の解決に貢献し、大きな転換期に直面する多くの企業を支援してまいります。(今後3年間で3,000人の育成を目標とします)。

■GSX 代表取締役社長 青柳史郎 氏のコメント
昨今のコロナ禍影響によって、サプライチェーンの中に合理化してDX推進する企業、マーケティングや販売活動をDXで分析し効率的に売上利益を上げていく企業、テレワーク環境を従業員へ安全に提供する企業など、企業における「攻め」や「守り」のパーツとして、いかなる部分においても今日、日本全国の企業がDXに着手していかないと競争力を見出だせない状況になりました。

しかしながら、DX によってもたらされる利便性が、同時にサイバー攻撃にも悪用されやすく、DX を活用する企業全体でセキュリティを意識し、必要な対策を総合的に実施することが求められます。その際つきまとう課題は「セキュリティリスク」だけでなく「IT人材不足」も対象になります。

この度の業務提携によって、「セキュリティリスク」や「IT人材不足」を抜本的に解決し、企業の自衛力向上に寄与できることを確信しております。

■INTLOOP 代表取締役 林 博文のコメント
コロナ禍でインターネットを介しての仕事、取引が飛躍的に増加するのと比例し、サイバー空間での犯罪が多様化しています。日本もグローバルでビジネスを展開する大手企業については、危険が身近に存在していることも認識していますし、専門的な人材を採用する余力がありますので、世界基準での防衛能力を備えている企業も多いかと思います。

昨今では誰でもサイバー犯罪が実行できるSaaSが展開されるなど、グローバル企業以外が狙われる事例もありますし、自社を通して取引先の情報が取得され、大きな損害に繋がるケースも考えられます。

GSX社と弊社が提携することにより、GSX社のセキュリティに関するノウハウと、当社のコンサルティング力、豊富な人材を活用し、各企業様に事業に専念して頂けるセキュリティサービスを展開していきたいと考えております。

■本業務提携の主な内容
(1)セキュリティ・AI人材の需要あるプロジェクトへの、両社の擁する専門人材支援
(2)GSXの教育コースウェア「セキュリスト(SecuriST)®」とINTLOOPのオンライン教育システム「BOOSTA」による、専門人材の育成・輩出

■【参考】教育カリキュラム
セキュリスト(SecuriST)® 認定脆弱性診断士×AI

セキュリスト(SecuriST)® 認定脆弱性診断士は、情報システムのセキュリティテスト(脆弱性診断)に必要な技術やスキルをハンズオン含むトレーニングで身に着け、さらにそのスキルを認定する仕組みです。「認定Webアプリケーション脆弱性診断士公式トレーニング」と「認定ネットワーク脆弱性診断士公式トレーニング」の2コースがあり、それぞれ2日間の講座とハンズオンのトレーニングを終えた後に認定資格試験を受験します。
https://www.gsx.co.jp/academy/WebAppNWSecurityTesting.html
https://www.gsx.co.jp/academy/boost-station.html

DXの実現まで一気通貫で支援するDX推進人材育成サービス『BOOSTA』(ブースタ)×サイバーセキュリティ

BOOSTAは、「実践力向上」をキーワードとして、DX推進人材の育成だけではなく、DXの実現まで一気通貫でご支援するDX推進支援サービスです。コンサルタントやエンジニアなどのプロフェッショナル人材の方のみならず、経営層から一般社員まで、幅広くビジネスパーソンの方に受講いただけるカリキュラム構成となっております。また、DX実現のステージでは研修講師を担当する現役コンサルタントがDX施策の企画~導入までトータルでサポートすることも可能です。
https://boost-station.jp/course/category/ai/
<AIコース>
・経営層対象AI利活用セミナー
・AI企画担当者育成講座
・CNNベース物体検出 精度向上入門
・機械学習で学ぶ Python基礎講座
・AIエンジニア育成 E資格コース
・一般社員対象AIリテラシー基礎コース

※1 DX:Digital Transformation/デジタル トランスフォーメーション
進化した情報技術を浸透・拡大することで、ビジネスや人々の生活をより良いものへと変革すること。また、それにより既存の価値観や枠組みを覆すような革新的なイノベーションをもたらすこと。

※2 経済産業省 『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開』
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html

■グローバルセキュリティエキスパート株式会社について
代表者:代表取締役社長 青柳 史郎(あおやぎ しろう)
所在地:東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム4F
設 立:2000年4月
資本金:6億3,624万円(資本準備金含む)
U R L :https://www.gsx.co.jp/

わたしたちは、情報セキュリティ・サイバーセキュリティに特化した専門会社です。高い継続率を誇るセキュリティコンサルティングや、長年のノウハウを踏襲した脆弱性診断、豊富なサイバーセキュリティソリューションをはじめ、日本初のセキュリティ全体像を網羅した教育サービスをご提供しています。

DXが加速し、サイバーセキュリティニーズが拡大する市場で各事業の軸に「教育」と「グローバル」を据え、日本の情報セキュリティレベル向上に貢献します。また、GSXは、中堅企業や地方企業を中心としたユーザー様に対し、それぞれに最適なサービスを提供し、サイバーセキュリティの知見・ノウハウをお伝えすることで、日本全国の企業の自衛力向上をご支援します。


①コンサルティング

・マネジメントコンサルティング
お客様が抱える情報セキュリティに関する課題について、現状の可視化から、解決に向けた計画策定・体制構築に至るまで、一貫した支援をご提供します。

・テクニカルコンサルティング
ハッカーと同様の技術を持つ専門エンジニア(ホワイトハッカー)が、お客様のネットワークシステムに擬似攻撃を行い、脆弱性の有無を診断して、対策措置、結果報告書までをご提供します。


②セキュリティ教育
・企業向けセキュリティ訓練
業界シェアNo.1*であるトラップメール(GSX標的型メール訓練サービス)や、ITセキュリティeラーニングサービスのMina Secure® によって従業員のセキュリティリテラシー向上をご支援します。
*出典:ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020」標的型攻撃メール訓練サービス市場-従業員1,000~5,000人未満:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)
*出典:ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020」標的型攻撃メール訓練サービス市場-流通業:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)

・エンジニア向け教育講座
セキュリティ全体像を網羅した教育サービスをご提供します。EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座、日本発のセキュリティ人材資格「セキュリスト(SecuriST)® 認定脆弱性診断士」などで、セキュリティ人材を育成します。

③ITソリューション
・バイリンガルITプロフェッショナルサービス
バイリンガルのIT人材リソースをご提供します。グローバル拠点への対応はじめ、国内のバイリンガル対応を必要とするお客様へのIT+サイバーセキュリティサービスをご提供します。

④セキュリティソリューション
・サイバーセキュリティ製品導入・運用サービス
最新の脅威や攻撃手法などに対して有効なサイバーセキュリティ製品・サービスを、実装・運用を組み合わせたワンストップソリューションでご提供します。

本文中に記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

INTLOOP(イントループ)株式会社について
会社名:INTLOOP株式会社(イントループ株式会社)
代表者:代表取締役 林 博文
所在地​:東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル6F
設 立:2005年2月
事 業:コンサルティング、プロフェッショナル人材支援、テクノロジーソリューション、 デジタルトランスフォーメーション人材紹介、海外進出・販路開拓支援
資本金:5000万円
URL:https://www.intloop.com/

INTLOOP 株式会社は企業の経営課題解決をミッションとし、社員として所属する国内系・外資系ファーム出身の経験豊富なコンサルタントが担うコンサルティング事業と、約24000名超の登録を誇るコンサルタント、エンジニアなどのプロフェッショナル人材を支援する人材ソリューション事業を主軸に展開しています。そのほか、プロフェッショナル人材支援事業で培ったマーケティングノウハウを提供するデジタルトランスフォーメーション事業、先端技術を中心とした開発支援を行うテクノロジーソリューション事業も展開。大手一部上場企業からベンチャー企業まで400 社を超える支援実績があります。

■Webサービス
フリーランスエンジニア案件紹介サービス「Tech Stock」
https://tech-stock.com/
フリーランスコンサルタント案件紹介サービス「ハイパフォコンサル」
https://www.high-performer.jp/
BtoB向け課題解決プラットフォーム「QEEE」
https://qeee.jp/
フリーランスマーケティング案件紹介サイト「バチグマ」
https://batchgooma.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
本プレスリリースに関するお問い合わせ
グローバルセキュリティエキスパートPR事務局(株式会社アンティル内)
TEL:03-5572-7375 MAIL:gsx@vectorinc.co.jp

INTLOOP株式会社 広報事務局 担当:廣瀬(携帯080-3553-5766)
電話:03-5544-8040 FAX:03-5544-8041 メール:hirose@intloop.com
プロフェッショナル人材への
お問合せはこちら

外部人材活用に役立つ資料をダウンロード 採用難の時代に知っておきたい「外部人材活用」についてのガイドブックをまとめました